下関市のみよし鍼灸整骨院

山口県下関市王司神田 鍼灸・整骨

問い合わせはこちら 083-250-9649

〒752-0911 山口県下関市王司神田6-2-8

症例 7歳 男児 主訴 右膝の痛み

現病歴 一週間ほど前に二段ベッドに駆け上がろうとした際に右膝のお皿の部分を強打し、受傷。
その後屈伸動作や踏ん張った時にお皿のあたりが痛む。

若干の腫れと、お皿の骨の外側に押した痛みがあり、エコーにて同一部位に異常を認めました。

分裂膝蓋骨3型と判断し、きっちり固定を施して癒合を目指します。

この怪我は早期発見できれば骨をくっ付ける事が可能で、見逃されたり不適切な治療によって慢性的な痛みに悩まされることが多い疾患ですが、今回の様なパターンは今後慢性的な痛みに悩まされる事なく、生活してもらうことの出来ます(^^)

しっかり診て、しっかり治す。

ケガこそお任せ下さい(^^)

1625707_515792858534181_1307108684_n1658302_515792895200844_1377219155_o

« »